So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

SONY、ディープラーニング開発環境「Neural Network Console」のクラウド版リリース [企業向け製品/医療用機器]

SONYは、ディープラーニング開発のためのコアライブラリ「Neural Network Libraries」を使ったサービス開発が行なえる「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」のクラウドサービス版オープンベータの無償提供を開始しました。

Neural_Network_Console_Cloud_01.jpg

ディープラーニング開発の為に、8月に無償提供開始したコンソールソフトウェア「Neural Network Console」は、Windows OSのみに対応していました。

今回クラウドサービス版を提供開始する事で、ネットワーク接続環境下においてWebブラウザでアクセスし、OSに関わらず、Mac OSやLinux OSでもNeural Network Consoleが利用可能になります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、電子ペーパー学習リモコン「HUIS」にBack mode追加 [その他ハードウェア]

SONYは、電子ペーパーを採用した学習リモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」(HUIS-100RC)の本体カラーと画面を黒にした「Black model」を11月15日より発売開始しました。

HUIS-100RC_16.jpg

SONYが運営するテストマーケティング/ECサービスの「First Flight」で発売。

価格は25,880円となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、Walkman WM1、ZX300、A40シリーズアップデートでaptX HD対応 [WALKMAN]

SONYはウォークマンの最上位シリーズ『NW-WM1Z/WM1A』と、『NW-ZX300』、『NW-A40』シリーズの最新ファームウェアを提供開始しました。

NW-ZX300_01.jpg
↑NW-ZX300

最新ファームの適用え、高音質Bluetoothコーデックの「aptX HD」に対応しました。

aptX HD対応により、48kHz/24bitの音声データをBluetoothで対応機器にワイヤレス伝送出来る様になります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

米SONY、Android TV BRAVIAをGoogleアシスタンに対応 [BRAVIA/WEGA/その他TV]

米SONYは、4K HDR対応の同社Android TV搭載BRAVIAの2017年モデルと、2016年モデルの一部において、音声操作が行なえる「Googleアシスタント」に対応しました。

Google_Assistant_for_BRAVIA_01.jpg

これにより、テレビに話しかけて、Netflixの番組を選んだり、スマートホームデバイスの制御などが可能になります。

尚、今回対応するのは米国とカナダのみとなります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、InterBEE2017に合わせて4Kスイッチャーの最上位モデル『XVS-9000』等発売 [プロフェッショナル映像機器]

SONYは、11月15日~17日まで幕張メッセで開催されている国際放送機器展「Inter BEE 2017」に合わせ、2018年開始予定のBS 4K実用放送等、4Kライブ映像制作の需要の広がりに対応するスイッチャープロセッサ『XVS-9000』を発表しました。

XVS-9000_01.jpg
↑マルチフォーマットスイッチャープロセッサー『XVS-9000』(左)

Inter BEEのブースでは更に、8K 3板式カメラシステム、国内展示会としては最大サイズという6.8×2.7mのCrystal LEDディスプレイシステム(5K×2K)も出展しています。

●XVS-9000

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SIE、Vita本体と16GBメモリーカードセットのバリューパック発売 [PlayStation]

SIEJは、PS Vitaと、Vita専用の16GBメモリーカードをセットにし、価格を抑えた「PlayStation Vita 16GB バリューパック」を発売すると発表しました。

PCHJ-10032_01.jpg
↑「PlayStation Vita 16GB バリューパック」のブラック(PCHJ-10032)

発売日は11月22日。

価格は19,980円で、カラバリはブラック、アクア・ブルーの2色となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、『LSPX-P1』アップデートで「配信ポスター」等対応 [その他映像関連機器]

SONYは3、壁際やテーブルに置いて最大80型の映像投写を楽しめるポータブル超短焦点プロジェクタ『LSPX-P1』の本体ファームウェアとアプリをアップデートしました。

LSPX-P1_05.jpg

これにより、「配信ポスター」などの新機能を追加します。

配信ポスターは、インターネット経由で新たな「壁紙」写真・動画を配布し、アプリ経由で『LSPX-P1』に設定した壁紙を『LSPX-P1』で投射できるというものとなります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、首掛け集音器『SMR-10』発売 [その他オーディオ関連機器]

SONYは、テレビ音声や人の話し声などを聞き取りやすくする、首掛けイヤフォン型の集音器『SMR-10』を発売すると発表しました。

SMR-10_01.jpg
↑カラバリ「ブラック」

発売日は11月25日。

販売予想価格は35,000円前後。カラバリは「ブラック」と「ホワイト」の2色となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、業界初の車載向け積層型CMOS開発 [テクノロジー]

SONYは、先進運転支援システム(ADAS)で使う前方センシングカメラ向けに、車載用としては業界初となる積層構造の1/1.7型、CMOSメージセンサー『IMX324』を開発したと発表しました。

IMX324_01.jpg
↑車載用としては業界初となる積層構造の1/1.7型、CMOSメージセンサー『MX324』

有効742万画素で、解像度も業界最高としています。

11月にサンプル出荷を開始し、サンプル価格は1万円。量産出荷は2018年6月を予定しています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SONY、FES Watch購入で、オリジナル時計を作れるDIYキット提供キャンペーン [その他ハードウェア]

SONYは、電子ペーパー採用腕時計「FES Watch」初代モデルの発売2周年を記念し、キャンペーンを開催しています。

FES Watch_01.jpg

購入者先着100名に、FES Watchに使われている時計部分等を「電子ペーパーDIYキット」としてプレゼントする企画。

これを元に、デザインを自由にカスタマイズした電子ペーパー時計を自作が可能。First Flight特設ページから遷移するYahoo Shoppingサイトでの購入が対象で、Amazonでの購入は対象外となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る